佐久間裕美子 ニューヨーク – 佐久間 裕美子

『ヒップな生活革命』著者の佐久間裕美子さんに、ニューヨークのジャムと朝食事情についてうかがいました。いま増えている少量生産の作り手の話や、ニューヨークで人気の朝食のこと、日本が海外からどう見えるかなど。全6回です。

ニューヨークを拠点に発信を続けている、佐久間裕美子さん。米イェール大学大学院を修了後、「自分の居場所」を探して、ニューヨークに上京

おカネに執着する人には絶対に見えない世界 2017年10月12日 佐久間 裕美子/稲垣 えみ子 ニューヨーク在住ライター佐久間裕美子さん(『ピン

Yumiko Sakuma web site.

佐久間裕美子 著 ¥1200(税抜) 幻冬舎 結婚、離婚を経てシングルとなった著者が、大都会・ニューヨークで、もがきながらも自身のアイデンティティと向き合い「めいっぱい生きる」様が伝わってくる

ニューヨークに暮らしておよそ20年になる佐久間裕美子さん。2014年に出版された『ヒップな生活革命』では、サブプライム金融危機を受けて、アメリカで起こったライフスタイルの変革を日本に伝えた。

Sep 14, 2017 · ニューヨーク在住ライター佐久間裕美子さん(『ピンヒールははかない』)と、東京在住アフロライター稲垣えみ子さん(『寂しい生活』)による初めての対談は13時間の時差を越えスカイプで行われ、話は多岐に及びました。リーマンショックから約10年、東

ライターの佐久間裕美子さんは、ニューヨークで暮らすようになって、もうすぐ20年。アメリカで起こる新しいライフスタイルに迫った著書『ヒップな生活革命』を出版し、世間を騒がせたのは3年前

Yumiko Sakuma writes about contemporary culture, art, fashion, music, and socio-political issues. Based in New York City, she is a regular contributor of reportage, interviews, and travel writing to numerous Japanese and English publications.

朝日新聞デジタルのウェブマガジン「&w」(アンド・ダブリュー)は、女性に贈るライフストーリーマガジンです。

佐久間 裕美子 ライター。1973年生まれ。慶應大学卒業後、イェール大学で修士号を取得。1998年から二ューヨークに在住し、新聞社、出版社、通信社勤務を経て、2003年に独立。

column/佐久間裕美子の政治とファッション. 旅行で訪れるのではなく、暮らしてみて、はじめて見えてくることがあります。ニューヨーク在住のライター佐久間裕美子さんが大統

2000年以降に成人となった若者たちを「ミレニアルズ」と呼びます。そんな彼らも今やアメリカの人口の4分の1までを占め、彼らの動きがアメリカの政治や社会の動向を大きく動かしています。ニューヨークの街ゆくミレニアルズに聞いた大統領選への思い。

Amazonで佐久間裕美子, 伊藤総研のMy Little New York Times。アマゾンならポイント還元本が多数。佐久間裕美子, 伊藤総研作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またMy Little New York Timesもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

4.5/5(2)

My Little New York Times 刊行記念トークショー 佐久間裕美子 × 幅允孝 2018. 12/15 at Leto ニューヨーク在住ライターの佐久間裕美子さんの新刊「My Little New York Times」の刊行を記念して、佐久間さんご本人と、ブックディレクターの幅允孝さんをお招きしてトークショーを開催いたします。

ニューヨーク在住ライター佐久間裕美子さん(『ピンヒールははかない』)と、東京在住アフロライター稲垣えみ子さん(『寂しい生活』)による初めての対談は13時間の時差を越えスカイプで行われ、話は多岐に及びました。リーマンショックから約10年、東日本大震災から約6年、私たちを

Amazonで佐久間 裕美子のヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)。アマゾンならポイント還元本が多数。佐久間 裕美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

3.6/5(21)

アメリカに留学し、そのまま居ついて、早くも人生の半分。そのほとんどをニューヨークで過ごしながら、だんだんと自分のライフスタイルを変えてきた佐久間裕美子さん。アップステートに夢のセカンドハウス(?)をもち | papersky

日本ではまだまだネガティブなイメージがつきまといがちなフェミニズムについて、カジュアルに語らうトークイベント『日本のフェミニズムは間違っている?』が2019年6月6日、渋谷のbook lab tokyoで開かれました。 登壇者はニューヨークで活躍するライターの佐久間裕美子さんと翻訳家の野中

佐久間 ニューヨーク市を背に北上したニューヨーク州の広域を「アップステート」と呼ぶのですが、1時間半くらい行ったところに使われていない古い山小屋のついた土地を持っている友人夫妻がいて、2010年から、それを直す手伝いをしながら、週末をここ

佐久間裕美子 さくま・ゆみこ. 文筆家. 文筆家。1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。カルチャー、ファッション、政治、社会問題など幅広いジャンルで、インタビュー記事、ルポ、紀行文などを執筆する。

佐久間 裕美子 . ニューヨーク在住ライター。カルチャーから社会問題までを幅広く考察する。著書に「ヒップな生活革命」(朝日出版社

2016年6月 ニューヨーク ジャビッツ・センター 2016年7月 「ディナー・イズ・ドープ」に潜入 ブルックリン 「ストップ&フリスク」がもたらしたもの 医療マリファナをめぐるタウンホール・ミーティング ニューヨーク アメリカのオピオイド中毒危機

ニューヨークを拠点に活動するライターの佐久間裕美子氏は、ポスト消費時代のお金の使い方をテーマにした連載「Wear Your Values」をWEBメディア『NewSphere』の連載コーナーで開始しました。

佐久間裕美子. 1973年生まれ。ライター。慶應義塾大学を卒業後、イェール大学大学院で修士号を取得。98年からニューヨーク在住。新聞社のニューヨーク支局、出版社、通信社勤務を経て2003年に独立。

Sep 27, 2017 · ニューヨーク在住ライター佐久間裕美子さん(『ピンヒールははかない』)と、東京在住アフロライター稲垣えみ子さん(『寂しい生活』)による初めての対談は13時間の時差を越えスカイプで行われ、話は多岐に及びました。リーマンショックから約10年、東日

アメリカに住んで20年になるフリーライターの佐久間裕美子さんが、『ピンヒールははかない』という本を書いた。 本からは、ニューヨークの

Jul 05, 2018 · アメリカで進行するマリファナ合法化の波が日本でも少しずつ報じられるようになって、「ニューヨークではマリファナは合法なのか」と聞か

Jun 01, 2017 · 佐久間裕美子 | 2017年06月発売 | めいっぱい生きる。NYブルックリンひとり暮らし。どこまでも走り続けたい。ニューヨークで暮らすようになって、もうすぐ20年になる。ここでは「シングル=不幸」と思わせるプレッシャーがない。周りには、果敢に恋愛や別れを繰り返しながら、社会の中

3.8/5(14)

Amazonでザック・エブラヒム, ジェフ・ジャイルズ, 佐久間 裕美子のテロリストの息子 (TEDブックス)。アマゾンならポイント還元本が多数。ザック・エブラヒム, ジェフ・ジャイルズ, 佐久間 裕美子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またテロリストの息子 (TEDブックス)もアマゾン

5/5(7)

ニューヨーク在住の佐久間裕美子は、日本とアメリカを行き来し執筆活動を行い、近年出版した著書「ヒップな生活革命」では、ニューヨークのローカル情報、新しいカルチャー、ライフスタイルの流れからその背景まで彼女ならではの視点で追っている。

2008年9月、雑誌コヨーテの企画で、フォトグラファーのグレイス・ヴィラミルと、ニューヨークを出発し、北回りで西海岸まで行き、そこからカリフォルニアを南下して、南回りで東海岸に戻るという旅を敢行しました。 ロバート・フランクの「Americans」の50周年のトリビュートという意味も

11月10日 日曜日、予定がなければ、山に行こうと思っていたが、ガールズが鍋をするというので、一日遅らせることにした。 朝方、弟分のジョニーがうちの近所にやってきて、朝食を食べた。仕事のこと、家族のこと、恋愛のこと、お互いの近況を慌ただしく報告しあって、ハグをして別れた

ニューヨーク・ブルックリンに住み、アメリカ文化を追い続けてきたライターの佐久間裕美子さんが今年出版した『ヒップな生活革命』(朝日出版社)は、アメリカ発で進化する「生き方の革命」をレポートした一冊です。

My Little New York Times 刊行記念トークショー 佐久間裕美子 × 幅允孝 2018. 12/15 at Leto ニューヨーク在住ライターの佐久間裕美子さんの新刊「My Little New York Times」の刊行を記念して、佐久間さんご本人と、ブックディレクターの幅允孝さんをお招きしてトークショーを開催いたします。

2017年に出版された佐久間裕美子さんの著書『ピンヒールははかない』は、大都会ニューヨークで、もがきながらも自分のアイデンティティと向き合い、精一杯生きる様子が伝わってくるエッセイ集だ。年齢を重ねると好奇心を持ち続けるのはむずかしくなってくるもの。しかし佐久間さんは

『ヒップな生活革命』著者の佐久間裕美子さんに、ニューヨークのジャムと朝食事情についてうかがいました。いま増えている少量生産の作り手の話や、ニューヨークで人気の朝食のこと、日本が海外からどう見えるかなど。全6回です。

産業としてマリファナの可能性を広げようとする人々と法整備を進めようとする自治体の攻防を追うべく、ニューヨーク在住ジャーナリスト

そうですね、警戒を解いてもらうことが結構大切で。特に欧米の人は「ジャーナリストが来る」っていうことに対して構える人が多いから、どこまで「佐久間裕美子っていう人が来た」って思ってもらえるかっていうのを大切にしているつもりです。

自分たちの手で生き方を選択するニューヨークの女性たちを描いた『ピンヒールははかない』(幻冬舎)。それぞれの著者である、植本一子さんと佐久間裕美子さんの対談を10月上旬に東京・田原町の本屋Readin’Writin’で行いました。母親との関係性

11月3日 季節の風物詩、ニューヨーク・マラソンの日だ。マラソンは、スタテンアイランドからブルックリン、クイーンズを通過し、ブロンクスからマンハッタンに入り、五番街を南下して、セントラルパークマラソンの周りを走って、公園の中でゴールする。

NYに在住のライター 佐久間裕美子さんの待望の新刊が登場。 新刊『My Little New York Times』は佐久間さんの2017年5月からアメリカでの一年間が綴られています。 当店では『My Little New York Times』の発刊を記念してイ

7月1日の夜東京都下北沢にいた。本屋「b&b」にトークイベントに行っていた。そこでは、ニューヨーク在住のフリーライターの佐久間裕美子さんが、新刊「ピンヒールははかない」の発売を記念してトークイベントを行っていた。私はそのトークイベントの情報を聞きつけて、聴きに行った。

全盲の白鳥さんと一緒に美術館賞をしてみたら、たくさんの会話が生まれました 視覚障害者と晴眼者が共に芸術を鑑賞することのゴールとは

21世紀の文化は、いったいどんな花を咲かせるのか? 芽吹き始めた小さな「変化の種」を探して、 ny在住ライター佐久間裕美子が、全米の会社や

ドクター・ルース』のFan’s Voice独占試写会が7月31日(水)に都内で開催され、上映後に、ニューヨーク在住ライターの佐久間裕美子氏によるトークイベントが行われました。

ニューヨークを愛する気持ちを表現するために、ゲリラアートを敢行しようとして、爆弾犯に間違えられて、泣く子も黙る刑務所島ライカーズ

profile. 佐久間裕美子さん ニューヨーク在住のライター。食の革命、メイド・ローカル・ブームなどを追いかけた『ヒップな生活革命』(朝日

やはりニューヨークは、自由を求め、新しいことをしたい方にとっては約束の地と言えるのでしょうか? 佐久間さん:私もまさに自由に憧れてアメリカに行きました。自由の女神がどーんと立っているということも大きいと思うのですが、一番大きいのは

90歳の現役セックス・セラピスト、ドクター・ルースの波瀾万丈な人生を描いたドキュメンタリー映画『おしえて!ドクター・ルース』が2019年8月30日(金)全国公開!それを記念して、20年前にニューヨークに渡り、カルチャーから社会問題まで幅広く考察してきた佐久間裕美子さんのトーク

壁建設問題や先日の米朝首脳会談など、連日のようにアメリカの動向が報道されています。21年にわたりニューヨークで取材を行うニューヨーク在住のライター・佐久間裕美子さんを迎え、トランプ政権下のアメリカの今に迫りました。

佐久間裕美子 : ニューヨーク在住歴20年。政治経済や社会問題から、ファッション、ライフスタイルまで幅広いトピックスについて執筆する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたもので

佐久間裕美子(さくま ゆみこ) 文筆家。ニューヨーク在住。カルチャー、ファッション、政治、社会問題など幅広いジャンルで、インタビュー記事、ルポ、紀行文などを執筆する。

1998年から20年以上ニューヨーク在住ライターとして様々な著名人やクリエイターへのインタビューからジャーナリスティックな取材まで幅広く手掛け、『BRUTUS』『&Premium』『WIRED JAPAN』など多数の雑誌に寄稿してきた佐久間裕美子さん。

『真面目にマリファナの話をしよう』の著者・佐久間裕美子さんは、大学卒業後、アメリカのイェール大学大学院へ留学、ニューヨークで通信社に勤務した後、フリーランスライターとして独立しました。そんな佐久間さんに、アメリカと日本における社会システムやメディアの差、そして

My Little New York Times/佐久間 裕美子(エッセイ・自伝・ノンフィクション) – NY在住20年のライター・佐久間裕美子が、自身のサイトに2017年7月5日から1年間書き続けた日記をまとめた一冊。トランプの大統領就任をきっ紙の本の購入はhontoで。

『真面目にマリファナの話をしよう』の著者・佐久間裕美子さんは、大学卒業後、アメリカのイェール大学大学院へ留学、ニューヨークで通信社に勤務した後、フリーランスライターとして独立しました。佐久間さんが渡米した理由、フリーランスになったきっかけについて聞きました。

My Little New York Times – 佐久間裕美子 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥2035

<Schott> 1913年、ニューヨークイーストブロードウェイにて、アーヴィンとジョンのショット兄弟によりスタートした「ショット」。1928年に世界で始めてジップ開閉のライダースジャケットを開発、アーヴィン愛用の葉巻からとったパーフェクトと名付け

2 日前 · 日本で有名人が大麻取締法違反で逮捕される、というニュースが跡を絶たない。1月28日には、大麻取締法違反と関税法違反の罪で起訴されたプロ