秋北バス事件最高裁判決 – 従業員と会社との紛争 秋北バス事件 労働条件の不利益変更

秋北バス事件 (最高裁昭和43年12月25日大法廷判決) 就業規則は、一種の社会的規範としての性質を有するだけでなく、それが合理的な労働条件を定めているものであるかぎり、経営主体と労働者との間の労働条件は、その就業規則によるという事実たる慣習が成立しているものとして、その

Step1 事件の概要
秋北バス事件 事件の概要

秋北バス事件(昭和43年12月25日最高裁) 事件番号 昭和40(オ)145 Y社は、就業規則を変更し、これまでの定年制度を改正して、 従来、定年制を適用していなかった主任以上の従業員を 満55歳定年とす・・・

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決) 「新たな就業規則の作成又は変更によって、労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、原則として、許されないと解すべきであるが、当該規則条項が合理的なものであるかぎり、個々の労働者において、これに同意しないことを

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決) 電電公社帯広局事件(最高裁昭和61年3月13日第一小法廷判決) 大曲市農業協同組合事件(最高裁昭和63年2月16日第三小法廷判決) 日立製作所武蔵工場事件(最高裁平成3年11月28日第一小法廷判決)

労働契約法10条が定める上記判断枠組みは、平成19年に同法が制定される以前から形成されていた判例法理(いわゆる「就業規則の不利益変更の法理」)の内容をほぼ踏襲したものである(秋北バス事件 最高裁大法廷 昭43.12.25判決、第四銀行事件 最高裁二小

みちのく銀行事件 事件の概要

そして、就業規則が法的規範としての性質を有する(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決(秋北バス事件))ものとして、拘束力を生ずるためには、その内容を適用を受ける事業場の労働者に周知させる手続が採られていることを要するものというべきである。

一、使用者が、あらたな就業規則の作成または変更によつて、労働者の既得の権利を奪い、労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、原則として、許されないが、当該規則条項が合理的なものであるかぎり、個々の労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用を

[PDF]

二、ところで、原判決の確定した事実は、次のとおりである。上告人は、昭和 二〇年九月、被上告会社に入社し、D営業所次長(所長事務取扱)の職にあつたも のであるが、被上告会社には、上告人の入社当時はもとより、その後も停年の定め

秋北バス事件. として、その法的規範性が認められるに至っているものということができるとするのが最高裁 同意しないことを理由として、その適用を拒否することは許されない、とする旨の最高裁判決

就業規則の不利益変更について、最高裁が平成28年2月19日の判決(山梨県民信用組合事件)で新しい判断を示しています。この事件は信用組合の合併により退職金規程が変更されたことを巡る争いです。

フジ興産事件(最高裁平成15年10月10日第二小法廷判決) 「使用者が労働者を懲戒するには、あらかじめ就業規則において懲戒の種別及び事由を定めておくことを要する。そして、就業規則が法的規範としての性質を有するものとして、拘束力を生ずるためには、その内容を適用を受ける事業場

[PDF]

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決) ・・・3 <就業規則の法的性質に関する裁判例> ・ 電電公社帯広局事件(最高裁昭和61年3月13日第一小法廷判決) ・・・5

秋北バスの元経営陣は上京し、三和銀行の担当者に「秋北バスの株を返してほしい」と要求するが、三和銀行側は、「秋北バスを買うなら、(丸善石油の子会社である)大阪、神戸のタクシー会社もいっしょに買って欲しい。一括して売るつもりなので秋北

業種: 陸運業

【読むポイントここだけ】この判決は,新たな就業規則の作成又は変更によって既得権を奪い,不利益な労働条件を一方的に課すことは原則として許されないとした上で,不利益変更が合理的であればそれに反対する労働者も拘束されると判断しました。

<事案の概要 ~秋北バス事件 最高裁昭和43年12月25日 大法廷判決~> 以下概要 ① xは、昭和20年にy社に入社し、下記解雇時点において、a営業所次長の職にあった。

1.就業規則の法的性質 秋北バス事件(昭和43年 最高裁大法廷判決) 就業規則は、一種の社会的規範としての性質を有するだけでなく、それが合理的な労働条件を定めているものであるかぎり、経営主体と労働者との間の労働条件は、その就業規則によるという事実たる慣習が成立しているもの

労働契約法第7条(労働契約の内容と就業規則の関係)に関する判例 電電公社帯広局事件(概要) 健康診断受診の業務命令を拒否した労働者に対して、懲戒処分を行った事で、 秋北バス事件の判決の考え方を踏襲し、 就業規則上の労働者の健康管理上の義務は合理的であり、 労働契約の内容と

(1)労働契約法7条

Apr 13, 2002 · 秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決) (事実の概要) 会社Yは、就業規則を変更し、これまでの定年制度を改正して、Xら主任以上の職にある者の定年を55歳に定めた(一般従業員については50歳)。このため、それまで定年制の適用のなかったXらは定年制の対象となり

(秋北バス判決 の 奥道 後観光バス事件決定 最高裁第1小(平成15.10.9決定) (判例集) 労判857・98 (分類) 整理解雇 (概要) バス運転手23名中18名の希望退職者があることを承知しながら行った2名の整理解雇を無効とした原審判決を不服とする会社側

秋北バス事件(就業規則の不利益変更) 最高裁大(最高裁S48.12.25判決)従業員と会社との紛争hannrei.htm#81 労働条件の不利益変更 秋北バス事件 就業規則の法的規範性hanrei.htm#81 就業規則 労働

就業規則による労働条件の不利益変更についての考え方としては、昭和43年に最高裁が、秋北バス事件の判決で一定の判断を示した【秋北バス事件 最高裁大判 昭43 12.25 】。

Step1 事件の概要

行政法について質問です。自由裁量行為についての「群馬中央バス事件」のことが、よくわかりません。事件の概要や判決を教えて下さい!よろしくお願いします 1957年(昭和31年)、群馬中央バスは草津温泉までのバス開設で

Read: 5436

労働契約法第7条(労働契約の内容と就業規則の関係)に関する判例 秋北バス事件(概要 ) 就業規則の変更により、定年制度を改正して主任以上の職の者の定年を55歳に 定めたため、(一般従業員については50歳)、それまで定年制の適用のなかった

道路の管理瑕疵が問われるときの主な根拠法令となる国家賠償法第2条第1項の主要な判例として、高知国道56号落石事件、岐阜国道41号飛騨川バス転落事件、奈良県道工事中車両転落事件、神戸市道防護柵不全児童転落事件を紹介しています。

5 時間前 · 最高裁も「cgは児童ポルノ」認定 「架空の人体描く芸術」主張退け有罪確定へ – 毎日新聞. 最高裁第1小法廷(深山卓也 裁判 長)は、少女の裸の写真を素材にコンピューターグラフィックス(cg)で画像を制作し、販売したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反に問われた岐阜市のグラ

秋北バス事件(最高裁 昭和43.12.25) 概 要 従来、定年制の適用がなかった管理職の従業員について、就業規則を変更して満55歳の定年を定め、既に満55歳に達していた従業員に対し退職を命ずる旨の解雇

【読むポイントここだけ】この判決は,新たな就業規則の作成又は変更によって既得権を奪い,不利益な労働条件を一方的に課すことは原則として許されないとした上で,不利益変更が合理的であればそれに反対する労働者も拘束されると判断しました。

藤本事務所:大阪[谷町]の社会保険労務士(社労士)事務所 > 特集ページ > 重要労働判例特集 > 就業規則 > 秋北バス事件「不利益変更:新たに設けた定年制に基づく解雇の効力」(最高裁大法廷判決

秋北バス事件①(最大判昭和43.12.25民集22巻13号3459頁) 1. 2019-01-10 短時間・有期雇用労働者及び派遣に対する不合理な待遇の禁止等関する指針【第2 基本的な考え方】の解説

秋北バス事件(昭和43年 最高裁大法廷判決) 新たな就業規則の作成又は変更によって、労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは、合理的なものであるかぎり、個々の労働者において、これに同意しないことを理由として、その適用を拒否することは許されないとした。

【事案の概要】Xは、Y公社帯広電報電話局に勤務し、電話交換の作業に従事する職員であった。Xは、昭和49年7月、頸肩腕症候群と診断され、公社の健康管理規程に定める指導区分のうち、最も病状の重い「療養」にあたることとされた。その後、指導区分の変遷を繰り返し、Xは、本来の職務で

(秋北バス判決の就業規則の規則条項が合理的であるについて、)就業規則の作成または変更が、その必要性およびないようの両面から見て、それによって労働者が被る不利益の程度を考慮しても、なお当該労使関係における当該条項の法的規範性を是認

就業規則は、当該事業場内での社会的規範たるにとどまらず、法的規範としての性質を認められるに至っているものと解すべきであるから、当該事業場の労働者は、就業規則の存在および内容を現実に知っていると否とにかかわらず、また、これに対して

ハマキョウレックス事件・最高裁判決(最高裁第二小法廷平成30年6月1日判決)について解説しました – 広島市東区の弁護士

秋北バス 車両 国際興業グループ傘下だったことから、いすゞ車がかなりの割合を占めているが、貸切・高速路線車には少数ながら日野・三菱ふそうも在籍する。自社でも新車を導入しているが、国際興業のほか、川崎市バス・川崎鶴

[PDF]

秋北バス事件最高裁判決7)は、就業規則の法的性質と不利益変更に関して、後 の判例法理の出発点となる見解を示した8)。本判決は、労働条件を定型的に定め た就業規則は一種の社会的規範としての性質を有するだけでなく、それが合理的

Apr 13, 2002 · 就業規則の法的性格 秋北バス事件(昭和43年 最高裁大法廷判決) 就業規則は、一種の社会的規範としての性質を有するだけでなく、それが合理的な労働条件を定めているものであるかぎり、経営主体と労働者との間の労働条件は、その就業規則によるという事実たる慣習が成立しているもの

それは言い換えれば、秋北バス事件最高裁判決(最大判昭43.12.25民集22.13.3459)がいう「経営上の要請に基づき、統一的かつ画一的に決定され、労働者は、経営主体が定める契約内容の定型に従って、附従的に契約を締結せざるを得ない立場」であり、労働者性

(3)いわゆる事件名 「三菱樹脂事件」「日産自動車事件」「秋北バス事件」等、原則として使用者側の会社名、団体名等の名称で表示しています。 (4)争点 各裁判例の争点を簡潔に分かり易くまとめています。

高知放送事件(昭和52年1月31日最高裁) 事件番号 昭和49(オ)165 放送事業会社のy社のアナウンサーxは、 宿直勤務に従事して寝過ごして、定時のラジオニュースを 放送することができないという事故を・・・

(1)秋北バス事件(最高裁 規則により定年を延長する代わりに給与が減額される事例で、秋北バス事件、大曲市農協事件の最高裁判決の考え方を踏襲し、さらに合理性の有無の判断に当たっての考慮要素を具体的に列挙し、その考慮要素に照らした上で

今回、最高裁の判断が全国の教育現場の防災対策に影響を与える可能性があるとして注目されていたのは、2審の判決が、学校や行政に対して、ふだんから高いレベルの防災対策に取り組む義務があるとした

しかし、最高裁の判断は違うものになりました。 ことは、当裁判所の判例とするところであって(最高裁昭和43年12月25日大法廷判決〈秋北バス事件〉)、今これを変更する必要を見ない。したがって、

秋北バス事件(最高裁判所大法廷 昭和43年12月25日判決) 就業規則の法的性質; 富士重工業事件(最高裁判所第三小法廷 昭和52年12月13日判決) 企業秩序違反事件に対する従業員の調査協力義務

すなわち,最高裁は,「秋北バス事件」の大法廷判決(昭和43年12月25日)で,「新たな就業規則の作成または変更によって,既得の権利を奪い,労働者に不利益な労働条件を一方的に課することは原則として許されないが,労働条件の統一的かつ画一的な

【南海バス事件】大阪高裁判決の要旨(平成29年9月26日) 【A市事件】最高裁第三小法廷判決の要旨(平成30年11月6日) 【東和工業事件】名古屋高裁金沢支部判決の要旨(平成28年4月27日) 【医療法人 K会事件】広島高裁判決の要旨(平成29年9月6日)

秋北バス事件最高裁判決(最大判昭和43年12月25日民集22巻13号3459頁) (就業規則の拘束力の根拠について)就業規則は、それが合理的な労働条件を定めているものであるかぎり、当該事業場の労働者は、就業規則の存在および内容を現実に知っていると否とに

みなさま、こんにちは。 熱血漢社労士 西村介延 です。 ちょっとマニアックかな! そう思いつつ、秋北バス事件の最高裁判所判決のうち、 少数意見を書いた 3人の裁判官の主張を見ています。 きのうも書いた通り、 反対意見を見れば、多数

(分類) 就業規則 賃金 (概要) 秋北バス事件、大曲農協事件、第四銀行事件を引用しつつ、55歳以上の者を専任職として賃金の40数パーセントから50数パーセントを減じる就業規則の変更について、賃金の減額の効果を有する部分は、就業規則の変更に同意しない従業員に効力を及ぼさないとして

秋北バス事件(最高裁昭和43年12月25日判決)の論点は、就業規則の法的規範性及び就業規則不利益変更の有効性であります。 労働契約法第10条の4要件は、法施行以前の平成9年2月28日最高裁第四銀行事件判決と関連して、次のように解されます。

今朝、ティップネス梅田に行ったら、昨日施設のガラスを割った人が居たみたいで、ガラスがプールの中に入ってしまったようで、プールが使えなくなっていました復旧は明日になるそうです今日は泳ぐつもりにしていて、トレーニングの用意をしていなかったので、..(;・・)_スゴスゴ諦めて

全税関横浜支部事件最高裁判決(弁護団へ参加) 12. 靖国公式参拝違憲訴訟提訴: 12. 日本ibm賃金制度不誠実団交事件 東京地裁判決 中労委命令を維持: 12. 金融経済新聞事件最高裁勝利判決: 12.

運営サイトの案内: 労働契約と就業規則対策室>判例>就業規則不利益変更(秋北バス事件) 判例 就業規則による労働条件不利益変更 秋北バス事件(最高裁昭和43 年12 月25 日大法廷判決) (概要)

ご質問のような就業規則で定められた賃金体系などの労働条件の変更を行うことによって、労働者のすべてまたは一部が不利益を被る場合に関しては、最高裁の秋北バス事件判決(昭和43.12.25)、第四銀行事件判決(平成9.2.28)がリーディングケースとされ

[PDF]

本件最高裁判決が、これらの控訴審等にもどのような 影響を与えるのか、今後も注目する必要があります。 重要判例解説 ― ハマキョウレックス事件最高裁判決 02